◆Himal@中板橋◆

2008.02.28.Thu.16:35




昨年12月に開店したというお店発見。

ヒマール



ハグっちとランチに行ってみたよー。

ガラガラと横に開けるドア、靴をぬいであがります。



無理すれば6人、でも4人がいいなくらいのテーブルが3テーブル

2人がけのテーブルが5テーブル、だったかな。





でかいメニュー画像はこちらに


Bランチダールパートカレーを。880yen

ダール豆カレーとお好きなカレー一種類、サラダ、ナン又はライス

チャイ又はラッシー。

ナンは食べ放題で、プラス50円でナンとライス両方食べ放題になるとのこと。


野菜・チキン・マトン・ダール豆・本日のカレーからチョイス。

本日の日替わりはチキンと豆。

豆カレーはデフォなので、チキンにしたら

間違えたのかチキンと豆がきた。まぁ、全然いいけど。



ナン、でかー!



最近巻尺を出すのがめんどくて、ハグっちの手。



チキンは挽肉。めずらしい。



ひよこ豆イパーイ!



黒、赤、黄色、緑、いろいろなダール豆イパーイ!

マイルドで穏やかな味のカレーはアツアツで美味しい!

カレーの辛さは調節できず、卓上のコレで、とのこと。



鬼がけーー!



ナンおかわりは食べやすくカットされたものが。





このおかわりしたナンが、厚みがあってもっちもち!



ラッシーじゃなくチャイにした。

ハグっちの分もサービスしていただいちゃった♪



ワタシ好みのエキストラホット!

お腹が満腹になったハグっち

にわかに動き始める。



彼女によるとここはトイレらしい。

他のお客さんが2組で少ないことをいいことにストレッチ?



のび〜る。



足まげ〜る。




ええと、、、

とにかく、居心地抜群のお店です。

女性の方が一人で接客も料理もまわしております(昼だけかな)。

またこようっと♪

スポンサーサイト

■78@九十九里■

2008.02.27.Wed.08:29

苺狩りのとき

ラストのラストだったこれらのパン。




ライ麦パン(1/2 350yen)

ザクザクと粗いようで食べてみるとしっとりときめ細かいクラム。



そのコントラストがうわ、素敵。

激しすぎないライ麦パンです。





チョコパン(180yen)

思いのほかふんわり。



くどくないチョコ味、あっさりとしていて

あっというまにおなかに収まる。

今週も言いました。

2008.02.26.Tue.17:51

■フラッフィ@渋谷■

2008.02.26.Tue.09:31


久しぶりのフラッフィ。

今回は迷わず行けた!

迷う原因はなんといっても『渋谷駅での出口』

前回はしょっぱな全然違うトコから出ちゃったので迷いに迷った。




ガレットジャンドゥーヤ。

マカデミアナッツ、くるみ、オレンジピールが上に。




なんとも、食べるのがもったいない、としばらく飾っておきたいくらいに素敵。





ベアーズラブ。

本日は『マロニエ』とのこと@蜂蜜






一滴残らず食べるのが基本でしょう!

儀式儀式〜。



たら〜りたら〜り(がまの油じゃありませぬ)



皿に落ちたのも、パンでぬぐって。



で、最後にお皿をなめる(違。ヾ(- -;)コラコラ )





クリームパン。



いつもと違って横にカットしてみる。




……。

やっぱり縦ギリのほうが視覚的にイイね?




■タロー屋*プレミアム苺酵母ベーグル■

2008.02.25.Mon.09:26

タロー屋さんがお友達を介してワタシにプレゼントしてくださった。

本当にありがとうございます。ごちそうさまです。

勿体無くて食べられないです!!








・……とか言いつつも、はやる気持ちを押さえきれず。

ドキドキしながらも袋にそろそろと手を伸ばす。



この袋との距離が縮まるにつれ

ビニール袋+紙袋+ビニール袋の3重構造の中に入っていたにも関わらず

香りが強く放たれていることに驚き、そして感動。

一番最後のビニール袋の口をあけると、部屋中に広がる苺の芳しい香り。



先日行ったいちご狩りのハウスに一瞬いるような錯覚に陥ったとか陥らないとか。

ビニールに鼻をつっこんで

スーハースーハー思い切り匂いを嗅いだとか嗅がないとか(←アブナイ)。


じゃん!

表面が見ていただければお分かりのようにピカピカしていて

パリッと硬派。





きっと焼きあがりは『パチパチパチ〜〜』

ってフランスパンのようにいい音がしていたのかな。


中いきまーす。

ほんのりなピンク色が優雅可憐チャーミングー


苺の種のつぶつぶがあちらこちらに見られます。




タロー屋さんからいただいたお言葉

「すりつぶした苺を 水を入れず
そのまま発酵させた酵母で焼き上げました。
まさに苺から出来たパンです。」


なるほど、うんうん、納得です。



食べます。

ぱく。むぎゅ。

むぎゅーっとした弾力で、香りを封じ込めているよう。

ヤバババイ、ですねこれ・・。

噛むほどに小麦と苺の織り成すシンフォニーに身をゆだね、安らぐ。

五感をフルに使って全身で味わいたい!

豊かな香りに包まれて、暖かい気持ちになれました。

春は、もうすぐそこまできているんだね。

春よこいこい、春待ちベーグル。